地理歴史

中学歴史 ~平城京と聖武天皇~

中学の歴史の基本的な内容を確認をしましょう!わからない単語は関係のある単語を含め、確認をしてみると、より効果が出ます。

この問題について

【対象者】
中学校の歴史学習者

【目的】
中学校の歴地定期テスト・歴史の高校受験対策を想定しています。

【回答予想時間】
5分

【難易度】
★☆☆

【Q Creator】
keito

【作成日】
2021年1月24日

問題

(1) 710年、元明天皇は現在の奈良に (       ) を作った。

(2) 8世紀初頭には、国の成り立ちを記した古事記や (     ) が編さんされた。 (3)(       ) は、全国に国分寺・国分尼寺を建立し、仏教の力で国を治めようとした。 

(4) 聖武天皇は、人口増に対応して開墾地を増やすため、 (       ) を制定した。 

(5) 都では市が開かれるようになり、708年には (       ) という貨幣が作られた。

回答 

⑴平城京

⑵日本書紀

⑶聖武天皇

⑷墾田永年私財法

⑸和同開珎

問題クリエイター募集

Let’s Contact Us!!

※お問い合わせ後、メールやweb面談にて詳細をご説明致します。